So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

明美ちゃん基金 ギタアリヤちゃん、覚えた大阪弁で「はやく元気になりたいねん」(産経新聞)

 「あのなぁ、さんそボンベのさんそが少なくなってきてん」。受話器の向こうからかわいい声が響いた。

 先天性の重い心臓病治療のため、昨年9月に「明美ちゃん基金」(産経新聞社提唱)の適用を受け、国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)で3度の手術を受けたインドネシアの女児、ギタアリヤ・ハルトノプトリちゃん(8)。経過観察のため、5月19〜29日の間に再来日していた。

 肺動脈と大動脈が入れ替わる「完全大血管転位症」などの合併症を抱え、現在は日常生活でも、酸素吸入が欠かせない。厳しい闘病の身だが、本人はいたって明るく、滞在中は、流暢(りゅうちょう)な大阪弁で、いろいろと身の回りのことを楽しそうに話してくれた。

 「食べ物は、のりが好きやねん」

 「きのうな、初めてモノレールに乗ってん」

 もとから日本語を話せたわけではなく、大阪弁は、入院中に大阪府内に住む親類から教わったり、センターに入院していた日本人の子供たちとの会話を通じて学んだという。

 宿泊先では、いつも酸素ボンベを載せた台車を引っぱりながら歩いていた。「日本のボンベは軽いけど、インドネシアのは重いからしんどいねん」とぽつり。「でもな、インドネシアに帰ったとき、みんなから『元気になったなあ』って言われてん。すごくうれしかった」と無邪気な笑顔を浮かべた。

 昨年初来日した際は、歩くだけで呼吸が苦しくなる状態だったが、今では少し走れるまでに回復した。今回の帰国の際も、空港ではスニーカーの音をペタペタ鳴らしながら、広い国際線ロビーを楽しそうに歩いていた。母親のフォニヌルさん(40)の手を引っぱるような勢いだった。

 「どこか行きたいところある?」と尋ねると、「東京ディズニーランドかな。だからはやく元気になりたいねん」。はにかむように首をかしげながら、でもしっかりと答えた。

 順調なら、再度の検査をへて、今夏には最後の手術を受ける予定。空港では、見送りの親類に向かって、背伸びをしながらいつまでも手を振っていた。(小畑三秋)

 明美ちゃん基金への振り込みは、三菱東京UFJ銀行堂島支店・普通口座4535010か、りそな銀行堂島支店・普通口座6202543の産経新聞大阪本社「明美ちゃん基金」。郵送は、現金書留で〒556−8661(住所不要)産経新聞大阪本社社会部「明美ちゃん基金」へ。

【関連記事】
回復順調、戻った笑顔 1日手術の2人 明美ちゃん基金
ベトナム医療団、先天性心疾患の医療指導を開始 明美ちゃん基金
明美ちゃん基金に38年後の恩返し 外国人1号の“坊や”が2万ドル寄託
形をかえた恩返し「祖国の未来のために」 ベトナムの秋田医師
明美ちゃん基金 目指すは「命を釣り上げる“釣りざお”」

忍者武器「くない」を販売 兵庫の製造会社書類送検(産経新聞)
駅ロッカーから新生児の遺体 大阪・阪急梅田(産経新聞)
鳩山内閣 総辞職 各閣僚から無念の声や反省の弁相次ぐ(毎日新聞)
菅内閣 官邸主導狙う 官房長官に仙谷氏(毎日新聞)
<O157>感染者、3校で計17人に 6人が入院…津(毎日新聞)

サンゴ 無数の星のように…沖縄・石西礁湖で産卵 (毎日新聞)

 国内最大のサンゴ礁域、沖縄県・石垣島と西表島の間に広がる石西礁湖(せきせいしょうこ)で27日夜、サンゴの「産卵」があった。水温25度以上の大潮前後が産卵時期とされるが、実際に目にするのは難しい。

【写真特集】サンゴ礁:命はぐくむ「海の熱帯林」 世界で3分の1がピンチ

 卵のように見えるのは「バンドル」と呼ばれ、20個ほどの卵と精子が入っている。午後9時すぎ、イシサンゴの仲間、スギノキミドリイシサンゴが直径1〜2ミリのピンク色のバンドルをぽつぽつと放出。周辺の同種サンゴもこれに続き、夜空に無数の星が散らばったような幻想的な水中風景が広がった。

 バンドルは海面に上昇してはじけ、他の個体から出た卵や精子と出合って受精する。【三村政司】

【関連ニュース
【写真特集】美しい日本の海 命あふれる水の世界
【写真特集】エチゼンクラゲが若狭湾に出現 ウマヅラハギの群れに襲われる写真も
【写真特集】沖縄に生息するエビ・カニ類の「種多様性」 サンゴ礁に住む動物も
サンゴ:久米島に大群落 国内最大規模か
サンゴ:誕生記念で移植 記念写真を額装し販売 /沖縄

松屋浅草 日本最古の屋上遊園地、31日閉鎖(毎日新聞)
片山元総務相らの擁立発表=たちあがれ日本(時事通信)
<陸自>ミサイル誤発射、原因は隊員のミス 群馬・高崎(毎日新聞)
「全面的な解決に命がけで取り組む」 首相、共同声明で(産経新聞)
<連帯保証人>保護のため民放改正へ 説明義務規定を検討−−法制審(毎日新聞)

女子高生わいせつ警官「捜査資料で連絡先知って」(読売新聞)

 女子高校生にわいせつな行為をしたとして、新潟中央署刑事1課係長の警部補、西村強容疑者(45)(新潟市西区寺尾西)が新潟県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕された事件で、西村容疑者が「県警のデータベースから女子生徒の連絡先を知り、電話した」と供述していることが25日、県警幹部への取材でわかった。

 県警は捜査資料を悪用した可能性が高いと見て裏付けを急いでいる。

 県警幹部によると、女子高校生は、「男から突然、携帯電話に電話がかかってきて待ち合わせた」と説明。西村容疑者は当初、「トイレでたまたま(女子生徒の)電話番号を見つけた」、「偶然が重なっただけ」などと供述していたが、その後の調べに対し、捜査資料で女子生徒の連絡先を知ったと認めた。西村容疑者は、データベースを閲覧できる立場にいた。電話では警察官と名乗らず、「モデルのアルバイトをしないか」と言って女子生徒を誘ったという。

 西村容疑者は今月15日、新潟市中央区のホテルで、18歳未満と知りながら同市の高校1年の女子生徒(15)にわいせつな行為をした疑いが持たれている。

等身大ガンダム ただいま“建造”中 JR東静岡駅前(産経新聞)
日病が新執行部披露パーティー(医療介護CBニュース)
<普天間移設>徳之島受け入れ7条件「すべてのむ」官房長官(毎日新聞)
6月に「都市型軽費老人ホーム」整備の説明会―東京都(医療介護CBニュース)
親子でビールなど万引き=大阪市職員と母逮捕―府警(時事通信)

大阪維新の会、同数で最大会派に 自民ベテラン府議が離団(産経新聞)

 大阪府議会の自民党府議団(27人)に所属する議員1人が、府議団執行部に13日、離団届を提出したことが分かった。府議団幹事長も務めた経験があるベテラン議員だという。離団すれば、自民党府議団が1人減となり、橋下徹知事に近い府議でつくる会派、大阪維新の会(26人)が自民会派と同数で第1会派となる。

 関係者によると、この議員は「政治理念が違う」などと述べ、自民党府議団は14日に議員団総会を開き対応を協議する。離団する府議は当面、無所属で活動する意向という。

 府議会の自民会派は最大時、49人で構成されていたが、府庁舎移転問題などのあった昨年春に6人が離脱するなど、離脱者が相次いだ。大阪維新の会が22人のメンバーで発足した4月1日には30人になり、その後も離脱が続いている。これと対照的に大阪維新の会は構成員が増加、26人になっている。

 21日に開会予定の5月定例議会では、議長選なども控えており、各会派の動向が注目されている。

【関連記事】
橋下知事「民主党の労働法制では世界に負ける」
大阪市議補選14日告示 大阪維新の会の初陣
「関西広域連合」設立同意案の提出見送りへ
【橋下日記】(12日)僕もタレント候補と呼ばれた
ひとときの“蜜月”演じる 橋下知事と平松市長、笑顔でパレード
少子化を止めろ!

<市民後見人>支援・養成の自治体7% 取り組みに差(毎日新聞)
淀川堤防ポリ袋遺体、大阪・豊能の36歳女性と判明(産経新聞)
<京都点滴混入事件>「特別な母親と見られ、居心地良かった」 公判で動機語る(毎日新聞)
三原じゅん子、女優引退宣言 谷亮子を挑発「二足のわらじは無理」(スポーツ報知)
田島みわ氏が三社祭で始動(スポーツ報知)

御殿場の女性死体遺棄、2月にDV相談(読売新聞)

 静岡県御殿場市萩原の空き家の物置で同県伊豆の国市中、職業不詳久松紘子さん(26)の遺体が見つかった死体遺棄事件で、久松さんの前夫(43)が県警の調べに対し、死体を遺棄したことを認める供述をしていることが7日、捜査関係者への取材でわかった。県警は容疑が固まり次第、逮捕する方針。また、久松さんが今年2月、離婚前に夫からの暴力を県に相談していたこともわかった。

 捜査関係者によると、前夫は昨年、久松さんと結婚し、同県清水町のマンションで久松さんの子ども2人とともに暮らしていたが、今年3月に離婚した。

 前夫は今年4月、振り込め詐欺事件の容疑者として逮捕・起訴されている。

 また、清水町によると、同県東部児童相談所(沼津市)から同町へ2月3日、「(久松さんから)『夫のDVから逃げたい』と相談があり、そちらを紹介した」と電話があったという。ところが、久松さんが姿を見せなかったため同町が翌日、同相談所に確認したところ久松さんは「子どもだけでも保護してほしい」とも依頼していたことがわかった。

<雑記帳>「宇宙桜」芽吹く(毎日新聞)
【新・関西笑談】「カリスマ」のつくり方(1)モデル SHIHOさん(産経新聞)
横須賀の男性殺害、参考人男性が飛び降り自殺か(読売新聞)
徳島県が防災・安否確認「すだちくんメール」開始(産経新聞)
【アートカレンダー】「ルーシー・リー展」東京・六本木 国立新美術館(産経新聞)

<ISS>日本実験棟「きぼう」のオゾン層観測装置が故障(毎日新聞)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日、21日から国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」に設置されているオゾン層などの観測装置が作動しなくなったと発表した。装置の一部で不具合が発生しているとみられ、原因究明と復旧を急いでいる。

 装置は、09年9月にH2Bロケットで打ち上げられた。成層圏(高度10〜50キロ)に存在するオゾンやオゾンを破壊する分子の発する電波を観測、そこから量を分析している。【藤野基文】

【関連ニュース
山崎直子飛行士:野口飛行士との画像 「きぼう」で撮影
ISS:山崎さんと野口さん初の共同作業
野口宇宙飛行士:実験棟のロボットアーム組み立て作業
宇宙で暮らす第一歩/1 若田さん 国際宇宙ステーションに長期滞在
解説:山崎さんISSに 日本人の宇宙同時滞在、今後は可能性低く

<普天間問題>徳之島で18日に移設反対1万人集会(毎日新聞)
<北教組事件>資金提供認める方針 2被告、黙秘から一転(毎日新聞)
山田・杉並区長、参院選出馬は明言せず(読売新聞)
外国人参政権、慎重に=直嶋経産相(時事通信)
<空自>スクランブル299回 09年度(毎日新聞)

<仙谷担当相>衆参同日選の可能性言及 鳩山首相退陣の場合(毎日新聞)

 仙谷由人国家戦略担当相は16日、TBS「時事放談」の収録で、夏の参院選前に鳩山由紀夫首相が退陣した場合の対応を問われ「もういっぺん(昨夏の衆院選から)1年で申し訳ないけどということで(衆参)ダブルを問うということは論理的にある」と衆参同日選の可能性に言及した。

 米軍普天間飛行場移設問題が難航するなか、自民党からは首相退陣に伴う衆参同日選を警戒する発言が出始めている。仙谷氏は「歴史的な政権交代をした内閣を続けることで、守られる民主主義の価値がある。課題を一つ一つ解決することで、政権への信頼を取り戻さなければ」とも述べた。【青木純】

【関連ニュース
仙谷担当相:官僚が「事務系副大臣」 事務次官代替で検討
仙谷担当相:中期フレームに消費税上げ方針
仙谷国家戦略相:官僚が「事務系副大臣」 事務次官の代替で検討
郵政改革:首相「亀井案基に調整」 仙谷氏ら、なお批判−−きょう閣僚懇
消費税:中期フレームで増税盛り込み−−仙谷担当相方針

<河村市長>議員報酬半減案など再提案へ 議会側は冷ややか(毎日新聞)
地球1周マラソンを一時中断=間寛平さん、治療のため米国へ(時事通信)
あいりちゃん事件、広島高裁が鑑定請求却下(読売新聞)
【外国人参政権 欧米の実相】(4)「明日に架ける橋」の皮肉(産経新聞)
<気象>東京都心に41年ぶり「遅い雪」(毎日新聞)

火山噴火 全日空、日航が一部便を欠航(毎日新聞)

 アイスランドの火山噴火で火山灰が欧州北部各地に広がった影響で、全日空は16日の成田発ロンドン、パリ、フランクフルト行きの計3便とその折り返し便、日本航空は同路線にアムステルダム便を加えた4便とその折り返し便、ミラノ便の欠航を決めた。

 成田空港会社によると、ブリティッシュ・エアウェイズなど海外の航空会社4社もロンドン便など計4便の欠航を決めた。【百武信幸】

【関連ニュース
火山噴火:ロンドン便などANA欠航へ
全日空:副操縦士からアルコール検出 出発遅れる
全日空:社長が公的資金の使途で日航を批判
全日空:最終赤字650億円に拡大…3月期予想
全日空:B787の整備士養成訓練公開 今秋納入の新型機

相次ぐライター火災、経産省が安全規制へ(読売新聞)
桜を見る会 足元に残雪…鳩山首相主催、新宿御苑(毎日新聞)
【ワイドショー通信簿】鳩山首相コンサート 席立ち始めた選挙民
橋下氏、大阪市長に転身?「可能性ゼロではない」(読売新聞)
<栃木県知事>「ゆるキャラ」と番組撮影 県の魅力発信(毎日新聞)

大型スクーターでひったくり=被害品の処分役複数か−容疑の31歳男逮捕・警視庁(時事通信)

 大型スクーターで追い抜きざまにバッグを奪い、女性にけがをさせたとして、警視庁捜査3課などは13日までに、強盗致傷容疑で、横浜市旭区市沢町、会社員邑井祐介容疑者(31)を逮捕した。同課によると、容疑を認めているという。
 同課は同日までに、東京都内の金券ショップで偽名を使い、別の被害者からひったくった商品券などを換金したとして、詐欺容疑などで、同容疑者の元同僚でアルバイト店員の稲沢晋容疑者(30)=新宿区北新宿=も逮捕。ほかにも複数の処分役がいたとみて捜査している。
 同課によると、渋谷区や目黒区などでは昨年7月中旬以降、黒色の大型スクーターを使ったひったくり約50件(計350万円相当)が発生しており、関連を調べている。 

【関連ニュース
きらやか銀行員、横領容疑で逮捕=被害総額は7700万円
白タク運転手ら7人逮捕=元仲間を監禁容疑
上田容疑者、8回目の逮捕=連続不審死、詐欺容疑
通帳詐取容疑で会社社長を逮捕=30口座以上を売却か
ピザ店強盗容疑で元従業員逮捕=開店準備狙い110万円

50法人超が対象=国民生活センターや住宅金融機構−事業仕分け第2弾(時事通信)
スペースシャトル 山崎さん搭乗、ISSとドッキング(毎日新聞)
<春の交通安全運動>交差点は気を付けて(毎日新聞)
白寿祝う名車の列 日本橋まつり(産経新聞)
実務者協議見合わせ=普天間、岡田外相と大使で調整−日米(時事通信)

<放鳥トキ>佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり(毎日新聞)

 環境省は7日、新潟県佐渡市で産卵した可能性が高いとみられていた放鳥トキのペアの巣で、卵があることを確認したと発表した。環境省職員が6日、巣から約150メートルの地点から目視で確認した。自然界で産卵が確認されたのは、野生トキが存在していた79年以来31年ぶり。放鳥トキの産卵は初めて。

 産卵が確認されたのは3歳雄と1歳雌。3月下旬からこの雄と雌が交代で巣に残るようになっていたことから、環境省は卵を温めている可能性が高いとみていた。

 国産トキは03年に絶滅。環境省は中国から贈られたトキを人工繁殖で増やし、08年から佐渡市で放鳥を始めた。これまでに30羽が放鳥され、3組が巣作りしている。

万引き男性を恐喝容疑、「Gメン」ら3人逮捕(読売新聞)
氏名も生年月日も同じ、別人の口座差し押さえ(読売新聞)
子ども手当は「不要」=自民、民主政策を逆仕分け(時事通信)
児童買春容疑で巡査部長逮捕=14歳中学生にわいせつ行為−福岡県警(時事通信)
緊張感なさすぎる…若林氏失態、若手ら落胆(読売新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。